人生100年の計/どんな風に生きるか?

「衣食足りて礼節を知る」というが下記事項は必要だ。
・食べていけるだけ(健康で文化的な最低限度)の収入が確保されている生活。
 そのためには健康で動けることだ。

・自分なりに精神的に満足・豊かさを感じられる生活。

 そのためには人に振り回されない、自分ファーストの生き方をしよう。

・自律した生活(尊厳を維持した生活)。

 そのためには認知症にならないように注意しよう。

 

認知症にならないためには長生きしないこと」だそうだ。

人生100年認知症にならずに過ごすのは難しいとのこと。

既に認知症の準備は体内で進んでいるが、発症を遅らせることはできるとのこと。

認知症発症を遅らせるためにはまずは下記がよい。

  1. 運動:週150分の有酸素運動が脳の神経に良い。(実施中)
  2. 肥満、高血圧、高コレステロールにならない。(幸いにして正常範囲)
  3. 食事:和食、地中海食(野菜とヨーグルトは多くした。赤ワインに変えよう)

www.tyojyu.or.jp