人生100年の計/平均寿命と健康寿命

男の場合、平均寿命と健康寿命の差である闘病期間は9.13年となる。

あくまで平均であるので自分の健康寿命をいかにして100年に近づけ、闘病期間を短くできるかが課題となる。

平均寿命:79.55年

健康寿命:70.42年

健康寿命にこだわりすぎると病気になった時点でポキット折れそうなので、

人生100年の計」では「病気と付き合ってでも本人が満足できる生活」で100年を迎えることを目標とする。

また、家族に負担をかけないことも重要だ。

100歳の時、子供は今の私くらいとなる。私の両親はもういないが、生きていたら90台となる。その場合、私はどんなことをしているだろうか?子に負担をかけたくない。