維持すべき身体機能

脊柱管狭窄症になった時、肝腎腰が重要と書いたが、人生100年を楽しむために追加する。

肝腎腰は体を動かす上での維持する機能。
新たに脳と心を追加する。脳は体の動きを司り、心は身体のすべてを司る。

まとめると肝腎腰脳心となり下記のように状態を把握し、健康を維持する。

肝は酒と薬に注意し、ALT(GPT) 、AST(GOT) 、γ-GTPの検査値に注意

腎は検査で尿蛋白とeGFRに注意。

腰は適度な運動と無理しないこと。

脳は血圧、脂質に注意して適度な運動を行う。

心は難しいが、ケセラセラと楽観的に過ごす。

とはいえ、医学の進歩で上記機能が維持更新できることを期待する。特に活動に影響する整形外科に期待する。