人生100年を提唱する国の意図

人生100年と言って定年を延長し、社会保険料を徴収して財源を増やす。

返金の支払い開始を遅くして出費を抑える。

一方で、人生100年と言っても、国は財源に限りがあるので長生きを望んでいない。

上記のような、穿った見方もあるようだ。

確かに、健康管理しないと100年は生きられない。

通院介護→認知症→施設→死の間は短い方がよい。